乾燥には保湿、そしてふたを忘れずに

乾燥肌に長く悩まされてきた私が試してきた中で、お金がかからず、手軽で、日ごとに実感できたものをご紹介します。

保湿にはヒアルロン酸入りの化粧水を使うのがおすすめです。それも高価なものでなくて大丈夫。私は安価でたっぷり容量の化粧水をいつも洗面場に置いています。ポイントは、いつでも化粧水をつけること。

まずは夜のメイクを落とした後、お風呂上り蒸発していく水分を補うためにすぐに化粧水をたっぷりとなじませます。顔はもちろん、首すじ、デコルテ、胸、腕など全身に使ってOKです。特に顔や首すじには丁寧に肌に染み込ませるように手のひらで押さえながらつけます。乾いたら重ね付けもします。

そしてふたをするのは乳液かクリームです。これは私はオールインワンジェルを使っていますが、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。美容液などをつける時は、化粧水、美容液、乳液かクリームの順でつけます。

気をつけたいのは、どれも肌にしっかりなじんでから次のステップに進むことです。化粧水がなじむ前にクリームを塗るとせっかくの水分が肌の奥に浸透していきません。注意してください。

お風呂上りだけでなく、肌はいつも空気にさらされているので乾燥していきます。朝の洗顔後、メイク前はもちろんのこと、メイクの上からでも気になったらいつでも化粧水をつけます。外出前や外から帰ってきたときなど、いつでも保湿しましょう。

年齢とともに、お肌の水分はどんどん減っていくので保湿はとても大切です。お肌の年齢はいつまでも若々しくありたいものですね。
[PR]
by mosadsad | 2013-10-25 00:12


<< 冬の乾燥対策は小まめなケアが肝心 乾燥の強い味方、保湿力の高いオ... >>