冬の乾燥対策は小まめなケアが肝心

冬になると、肌の乾燥がものすごく気になります。
私はもともと肌の保水力が低いのか、夏でも唇がパリパリになったり、肌がパサついたりします。冬になると、その乾燥がピークに。
自宅では加湿器を常にかけるようにして、空気が乾燥しないように気をつけています。それでも、肌の乾燥にはなかなか追いつかないようです。
職場は、暖房をバリバリに効かせて、かなり乾燥した状態。肌には最悪な環境だと思いますが、自分ではどうにもなりません。いつの間にか、唇がパリパリに乾 燥しきって、口を開けるのも痛いくらいになっていたりします。そうなってからでは、もう遅い。どんなに高価なリップクリームをつけても焼け石に水状態で す。やっぱり悪化させてからケアするのでは、遅いんですよね。「美は一日にしてならず」という言葉はよく聞きますが、小まめで地道なケアが一番大切だと痛 感します。
若い頃なら、もともとの肌質さえ良ければ、特別なケアなしでも美肌でいることができる。でもそれって、若さでカバーしている要素が強いんですよね。
歳をとってからは、ごまかしが効きません。日頃のケアの良し悪しが、素直に肌状態に現れてしまうように思います。
歳を重ねても美肌を維持している人は、やっぱり小まめなケアが徹底していますね。最近は、美容意識の高い友達に教えを乞いながら、地道なケアにはげんでい ます。白湯を小まめに飲むようにしたり、お手洗いにいく度に保湿クリームを付けるようにしたり。小さな事ですが、ちょっとづつ肌質を改善させるために、気 をつけています。
[PR]
by mosadsad | 2014-02-03 06:13


乾燥には保湿、そしてふたを忘れずに >>